「アカデミー賞「アバター」9部門ノミネート」

毎日ニュースより

 「第82回アカデミー賞」各部門のノミネート作品が2日(米国時間)発表され、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」とキャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」がそれぞれ9部門にノミネートされた。授賞式は3月7日(米国時間)に米ロサンゼルスの「コダック・シアター」で開催される。

 「アバター」はキャメロン監督が、構想14年、製作に4年を費やし完成させたSF大作。地球から約5光年離れた衛星パンドラで元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントンさん)が、パンドラで実行される「アバタープログラム」に参加し、パンドラの先住民と人間の遺伝子から作られた肉体に意識を送り込まれる。ジェイクはさまざまな発見と思いがけない愛を経験し、ある文明を救うために戦いに身を投じる……というストーリー。美術賞、撮影賞、監督賞、編集賞、作曲賞、作品賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞でノミネートされた。キャメロン監督は98年に「タイタニック」でアカデミー賞11部門を獲得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。