「ビールは水分補給にならない」

アルコール、特にビールには利尿作用があります。
喉の渇きを癒すためにビールを飲んでも、逆に体内の水分を排出してしまいます。
また、アルコールを飲みすぎると、カラダが脱水症状を起こしたり、
粘膜が乾燥したり、血がドロドロになったりと、たくさんの危険が待っています。

「ビールは水と一緒」なんて大間違い!余計に危険を呼び込んでしまっています。
ビールを飲んだ後は、本当の意味での正しい水分補給をしてあげましょう。

水分補給にならないどころか…  ビールは危険! ~健康の診断サイト カラダカラ.参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。