Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

「ビールもいいけどたまには体のために」

「運動後に牛乳のすすめ」

ジョギング有酸素運動を続けると余分な脂肪が燃焼されて、体重や
体脂肪が落ちていきます。ジョギングだけでも十分健康にいいのですが、
特にダイエットを目的にしているのであれば、エネルギーを効率よく
消費する身体を作ることをおススメします。

ジョギングをしながら筋肉をより鍛えて基礎代謝を上げることです。
基礎代謝が上がると運動をしていない時でも消費するエネルギーが
増え太りにくい身体になるのです。

車にたとえると、人間は年をとるにつれて燃費が良くなります。若い人
と比べて運動量も落ちるので食べる量も育ち盛りの時のようには沢山
食べません。でも年をとるにしたがって、舌がこえておいしいものや
カロリーの高いものを口にするようになります。

そこで、ジョギングをしながらより筋肉をつけ効果てきに燃費の悪い身体
を作ると太りにくくなります。ます一番簡単に始められるのはジョギング
後に牛乳を飲むことです。

ジョギングに限らず運動した後は身体はタンパク質を必要としています。
出来れば、運動後1,2時間以内に飲むと効果的でしょう。
もちろんタンパク質をより効果的に摂取できるサプリメントなどもおススメ
ですが、牛乳は一番手軽ですし、吸収率もいいので利用してみて下さい。

こうしてジョギングすることによって基礎代謝も上げておけば、ダイエット
効果も得られるし一石二鳥です。すぐには効果が表れにくいですが、

これであなたもジッとしていてもエネルギーを消費出来る、燃費の悪い
身体になり、メタボも予防出来ます。

久しぶりに牛乳のんだ

 

  1. ゆるランナー

    早速買って来ました!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事